Doorkeeper

Lean Startup Engineers Venture Support Vol.1.1

2013-03-08(金)19:00 - 21:30

詳細

※本イベントは2013/02/18予定の振替開催です※
※2/18に申込み済みの方も、ご参加希望の場合はこちらで参加表明をお願いします※

社会人になって数年経つと、ようやく社会の仕組みが理解できるようになることがあります。
もし学生時代に知っていたら、もっと人生は別のものになったかもしれないと思うこともいろいろあります。
もしあなたがプログラミングスキルを持ったエンジニアだとしたら、このイベントでご紹介する3つの知識を知っているかどうかで人生はまったく別のものになったかもしれません。
それはエンジニアが自分自身で思い描くキャリアデザインを可能にするための、基本的な3つの知識です。
自分がこれからどのようにスキルを活かしていくのか、その選択肢が増えるということは、キャリアデザインを大きく変えていきます。
"Lean Startup Japan"はエンジニアの起業をもっともっと増やしたいと心から願っており、最初の一歩をまず知識面からサポートしたいと思っています。
起業を志すには不安がつきまといます。
「会社を辞めたら生活費はどうなるんだろう」「開業資金はどうやって集めたらいいの?」「もし失敗したら借金の返済は?」「家族がいるから、もう起業なんかムリだ…」「会社は副業禁止だし…」
こうした不安は、正しい知識を学ぶことで解消していくことができます。そして不安を解消すれば、あとは思う存分、スキルを活かすことに専念できるのです!
エンジニアが知っておくべき3つの知識
1.起業には様々な種類がある一口に「起業」と言っても、実は様々な形態があります。独立してシステム開発会社を興すことも起業ですし、書籍を出版して印税や講演などで事業を行なうことも起業です。しかし大切なのは、自分のビジョンと起業のスタイルが一致するか?です。頑張って独立したはいいけど、やってることが会社員時代とあまり変わらず、多少の自由と収入が増えただけだとしたら、それはただリスクを抱え込んだだけかもしれません。事実、ようやく独立したと思ったら、社長としての主な仕事は銀行周りになってしまった人は数多く存在します。そうならないためには、起業の形態を理解すること、それぞれのメリットやデメリットを理解すること、そしてどれが自分のビジョンを実現しやすいのかを見出すことです。
2.会社にもいろいろな種類がある「起業すること=社長になる」ではありません(笑)自分で事業を始める際に、どのような「箱」で進めていくかはとても重要な要素です。2006年に施行された会社法では、持分会社としてLLCやLLPが新たに加わるなど、起業する際の選択肢は大きく広がっています。特に複数のメンバーで事業を始める時や、会社員を続けながら事業を始める時に、株式会社以外の選択肢をどのように利用していくかによって起業時の負荷は大きく変わります。将来のビジョンとも合わせて、どのような始め方があるかを解説します。
3.資金調達OSSやクラウドの登場により、ITによる起業の初期費用は劇的に下がりました。場合によっては0円でサービスを開始することも可能です。しかし、単にサービスをローンチするのではなく事業を始めるとなると、さすがに運転資金が0という訳にはいきません。生活費の問題はもちろん、名刺など必要最低限のツールやプロモーションなどの費用を捻出するためには、運転資金が必要です。しかし、こうしたすべての運転資金を創業者自身が貯金して出資したり、金融機関からの借入金で調達するだけが、起業するための資金調達手段ではありません。家族や友人からの出資を受けたり、第三者である投資家から出資を受けて事業を興していくという選択肢も存在します。資金調達は、みなさんがどのような事業をしたいかによって適切な手段が変わります。実は、始める事業の成功と、創業者としての個人の成功は定義が異なり、その両方を成立させるには、正しい資金調達の知識が必要なのです。
起業をするために知っておくべきことは、他にもたくさんあります。しかし、最初に理解すべきは、起業をためらっている原因の多くは間違った知識によるものだと言うことで、その不安をかき消すための知識を知って頂きたいのです。やってみたいアイディアがあったり、人生のビジョンがあるにも関わらず、正しい知識を持っていないために人生の貴重な選択肢を失っているとしたら、実にモッタイない話しです。日本の教育カリキュラムには、こうした「起業」に関する正しい知識を教えてくれるものはありません。義務教育も高等教育機関も、イノベーションを後押しする仕組みにはなっていないのです。
このセミナーですべての不安が払拭されることはないかもしれませんが、闇雲に不安に思っていたことのいくつかが杞憂であったことが分かれば、きっと将来に対する考え方は変わってくるに違いありません。
手に入れたスキルを思う存分発揮するには、自分自身でキャリアを設計できることが大切です。このセミナーに参加した日から、みなさんのアントレプレナー人生が始まることを願っています。
【本セミナーの対象者】・エンジニアとしてのスキルを活かして、将来起業を考えているかた・起業をしてみたいと思っているけど、リスクが大きすぎて自分には無縁だと思っているかた・アイディアはあるのだけど、自分だけでは実現することが出来ずに困っているかた・起業に対して周囲から反対されているかた・起業はしたいけど、そんなお金はないと思っているかたなど、起業に関する不安があるかたはどなたでもご参加下さい。

【開催概要】開催日時:20013年3月8日(金)19:00-21:30会場:渋谷区文化センター大和田 2F 学習室1
http://www.shibu-cul.jp/access.html
渋谷区桜ヶ丘23-21
渋谷駅から徒歩5分
ハチ公バス(恵比寿・代官山循環 夕やけこやけルート)文化総合センター大和田下車

【登壇者プロフィール】後日公開予定

コミュニティについて

Lean Startup Ventures

Lean Startup Ventures

"Lean Startup Japan LLC"が運営する、起業支援のコミュニティです。

メンバーになる